千川胃腸内科外科クリニック

診療科目
内科・胃腸内科・内視鏡内科
肛門科(肛門外科)・外科

03-5986-1020

千川胃腸内科外科クリニック

超音波検査

Echo

超音波検査とは

超音波検査(エコー検査)は、プローブという箱を体に当てるだけで内臓の状態を調べることができる、非常に安全でこれといった副作用もない(痛みや苦痛もない)検査です。ですから、医療現場で最も頻繁に行われる検査法のひとつです。腫瘍などの有無だけでなく、その大きさ・形・血流や深達度(どのくらいの深さまで達しているか)も調べることができます。

腹部超音波検査

食後や排尿直後だと見えにくくなってしまう臓器があるため、空腹時に尿を貯めた状態で検査を行います。お腹が見えるようにして、ベッドで寝て検査を行います。腹部にゼリーを塗って超音波端子を当て腹部の中を観察します。肝臓、すい臓、胆のう、腎臓、脾臓、大動脈、前立腺、子宮、膀胱などの観察が可能です。

超音波検査により見つかる病気

この検査で調べられる臓器は多岐に及び、一般的には肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓・を対象とする。時に骨盤内臓器(膀胱・前立腺・子宮・卵巣)も走査できます。なかでも胆石・胆のうポリープ、早期肝臓がんなどの発見に有用です。

頚部・頚動脈超音波検査

頚動脈における動脈硬化の程度を検索できます。これにより全身の動脈硬化の指標として取り入れられています。特に脳卒中や狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患と関連するため血管障害のリスクを推測することができます。生活習慣病検診(高血圧 糖尿病 高脂血症 肥満)すべてを有している症例では、2次検査として取り入れられました。その他、甲状腺疾患などの検索も行います。

胃腸内科・内視鏡内科

肛門科(肛門外科)・外科

  • 鼠径ヘルニア
  • 各種検診メニュー
  • インフルエンザ予防接種