千川胃腸内科外科クリニック

診療科目
内科・胃腸内科・内視鏡内科
肛門科(肛門外科)・外科

03-5986-1020

千川胃腸内科外科クリニック

大腸内視鏡検査

Colonoscopy

大腸内視鏡検査とは

大腸カメラは太さ11-13mm程度の細長く軟らかい内視鏡です。見た目としては、胃カメラよりもやや太くて長い形です。 肛門から盲腸まで(内視鏡が約70~80cm入ります)の大腸内を挿入・観察するために太さや硬さや形状などが最適化されています。 検査前に便を完全に排出させるために下剤(腸管洗浄液)をお飲みいただきます。

大腸は非常に長く(伸ばすと150cmぐらい)曲がりくねっているため、内視鏡が奥に進んで行く際に一時的に腸が押されて伸ばされることがあり、その時に腹が張ったり痛くなったりすることがあります。その苦痛を軽減するために「腸に負担の少ない内視鏡機器と挿入法」「腸が伸びないようにおなかを押さえる介助法」「鎮痛剤・鎮静剤の使用によりリラックスし苦痛を感じにくくする」などの工夫がなされ、以前よりも苦痛の少ない検査が可能となっています。盲腸まで内視鏡が挿入された後に、内視鏡を抜きながら再び肛門まで戻ってきながら大腸を詳細に観察します。ポリープなどの病変を発見した時は、必要に応じて特殊光観察・色素散布・生検組織採取・切除術などを行います。

大腸内視鏡検査の必要性

大腸がんは、がんの部位別死亡率において男性では「第3位」、女性では「第1位」です。
大腸がんは食生活の変化などにより現在も増加中であり、がんの前段階となり得る大腸ポリープまで含めると、さらに多くの無症状で大腸がん・ポリープを抱えている方がいると思われます。

肛門に近い直腸やS状結腸に比較的好発するため血便を認めることもありますが、痔の出血と思い込んでしまったり、検査への抵抗感もあって受診されずに時が過ぎてしまうケースもあります。

また、せっかく検診を受けた方の中でも、便潜血検査で陽性になっても、大腸内視鏡検査を受けない方が多いことが大腸がん死亡率の上昇にも影響しているようです。大腸がんは自覚症状が出たときはかなり進行している場合が多く、早期発見が最も重要なポイントになります。そのためには定期的な検査が必要です。大腸がんを早期発見するには、大腸内視鏡検査が最も確実な検査方法です。

40歳以上の方で、これまで大腸内視鏡検査受けたことのない方は、ぜひ、一度検査を受けてください。また、若い方々には潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患(IBD)が増えています。これらの疾患を診断するためには大腸内視鏡検査が不可欠です。

大腸がんを防ぐには

大腸癌の多くはポリープ(腺腫という良性腫瘍)が進行し悪性化・癌化したものです。つまり、ポリープは「前癌病変」(将来がんになりうる状態)と考えられています。

実際にポリープのうちに切除(ポリぺクトミー・EMR)することで、大腸癌の発生率が著明に減少したというデータもあります。ポリープの段階で発見・切除することは大腸癌の可能性を下げる効果があるのです。ただし、ポリープの段階ではほとんど症状はなく、便潜血検査でも100%見つけることは出来ません。そのため40歳以上の方には、定期的に大腸内視鏡検査をお受けになることをお勧めしています。

このような症状のある方は大腸の精密検査(内視鏡検査)をお勧めします

  • 排便時に出血する
  • 便に血が混じる・赤黒い便が出る
  • 便通が以前と変わった
  • 便の形が細い
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 下痢や粘液便が続く
  • 腹痛が続く・腹痛を繰り返す
  • 血液検査で貧血がある
  • 便潜血検査(大腸がん検診など)陽性
  • 以前、大腸ポリープがあった
  • 血縁者の中に大腸がんの人がいる・よく便秘になる・ここ最近便秘が続く
  • 40歳以上の方で、これまで一度も大腸内視鏡検査を受けたことのない方
  • 大腸がんの治療を受けた方

当院の大腸内視鏡検査の特徴

  • 1.内視鏡専門医(院長)が大腸に負担の少ない挿入方法を行い、鎮静剤によりウトウトとリラックスした状態で苦痛のない内視鏡検査に努めます。
  • 2.最新式の細くて硬さを変化することのできる内視鏡を使用し患者様の負担を軽減します。
  • 3.内視鏡機器はNBIといわれる特殊光での観察が可能な最新式装置を完備し質の高い診断を行います。
  • 4.土曜日午後の内視鏡検査も可能です。
  • 5.大腸検査前の下剤(腸管洗浄液)の服用を院内で行うことも可能です。(人数制限あり)
  • 6.胃カメラとの同時検査も可能です。(基本的に胃腸ドックとさせていただきます。)
  • 7.大腸カメラの時に、その場で大腸ポリープ切除(日帰りポリープ切除)が行えます。
  • 8.大腸カメラの検査中には、炭酸ガス(空気よりも吸収が早い)発生装置を使用することで腸内ガス貯留による検査後のおなかの張りや痛みを軽減します。
  • 9.院内には検査後回復室を完備し、検査後は鎮静剤が覚めるまでお休みいただき安全に経過観察します。
  • 10.検査後に、内視鏡画像を見ながら院長が検査結果を丁寧に説明し、内視鏡写真付きのレポートをお渡しします。(組織検査は後日結果説明となります)

検査の流れ

1検査前診察

  • 検査を安全に行うために、常用薬の確認や薬のアレルギーなどをチェックします。(お薬手帳等内服薬が確認できるものをお持ちください)
  • 検査日の予定決定いたします。
  • 全身状態の把握や感染症の有無について、血液検査を行う場合があります。
  • 患者様の状態によっては、心電図検査、レントゲン検査をおこなう場合もあります。
  • 検査前のお食事の内容や下剤の服用の仕方などご説明させていただきます。(説明書、検査同意書、下剤をお渡しします)

2検査当日

  • 着替えやすい服装で来院してください。
  • 鎮静剤を使用いたしますので、お車や自転車での来院はお控えください。
  • 受付をしていただいた後に、内視鏡センターへご案内いたします。
  • お着替えをしていただき、ストレッチャーにてお休みください。
  • 検査前の全身状態、血圧のチェックを行います、お薬投与のための点滴をさせていただきます。

3検査

  • 検査室に移動します。
  • 血圧計などモニターを装着した後に、鎮静剤を投与いたします。
  • 左横向きで検査を開始します。
  • なるべくおなかの力を抜きます、やや空気が入りますのでおなかが張ります、我慢せず排ガスするようにお願いします。
  • 検査は15分~30分程度で終了します。
  • 終了後は回復室に移動します。鎮静剤が覚めるまで1時間程度院内で休んでいただきます。
  • お帰りの前に,診察室で内視鏡結果を院長が説明します。(組織検査を行った場合は約2週間後に外来で結果説明となります)

大腸内視鏡検査の費用について

検査 内容 費用
大腸内視鏡
(大腸カメラ)検査
付随する診察料・血液検査費用・
使用薬剤費用などと合わせて
(3割負担の場合)
8,000円程度
大腸カメラ+生検組織検査 粘膜を一部つまんで採取し、悪性細胞の有無等を顕微鏡で確認する精密検査を行った場合 (3割負担の場合)
15,000~20,000円程度
大腸カメラ+大腸ポリープ切除 内視鏡の先端から専用の器具を出してポリープを切除する日帰り手術 (3割負担の場合)
22,000~33,000円程度

○保険診療で検査にかかる金額が決められているため、どこの医療機関で検査を受けても費用には大きな違いはありません。

胃腸内科・内視鏡内科

肛門科(肛門外科)・外科

  • 鼠径ヘルニア
  • 各種検診メニュー
  • インフルエンザ予防接種