千川胃腸内科外科クリニック

診療科目
内科・胃腸内科・内視鏡内科
肛門科(肛門外科)・外科

03-5986-1020

千川胃腸内科外科クリニック

内視鏡内科

Endoscopic

内視鏡検査

最新式ハイビジョン内視鏡システム(オリンパス社製)を導入しております。経鼻胃内視鏡、通常よりも細い経口胃内視鏡、細径大腸内視鏡にて検査を行います。適切な量の鎮静,鎮痛剤を使用いたします(経鼻内視鏡検査では使用しません)ので楽に検査を受けていただけます。咽頭がん、食道がんなどはNBI -狭帯域光観察を併用し早期発見に努めます。
胃がん、大腸がんも早期発見すれば、内視鏡治療で治すことができます。
日帰り大腸ポリープ切除やピロリ菌の検索も行います。
バリウム検査、便潜血検査陽性の2次検査、区胃がん内視鏡検診も行っております。
当院では、日本消化器内視鏡学会専門医、指導医が検査を行います。

胃内視鏡検査

みなさん胃カメラと聞くとつらい検査のイメージがあるかと思いますが、かなり一般的となってきており、内視鏡機器の進歩もあり改善されつつあります。
検診においてもバリウム検査から胃内視鏡検査に移行しつつあります。

胃内視鏡検査と言っても胃だけではなく、咽頭(のど)、食道、胃のおく十二指腸の一部まで観察できます。これらの部位の悪性腫瘍や潰瘍、炎症、ポリープの発見、ピロリ菌感染症の診断が可能です。特に早期の悪性腫瘍は症状がなく検査を行わないと発見が困難です。

鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)

  • 内視鏡の太さが5.9mmと細径化されております。鼻から挿入されるため舌に当たらずおえっとなる感覚が少なくて済みます。
  • 鼻の処置、麻酔にお時間がかかりますが、鎮静、鎮痛剤を使用致しませんので検査後速やかにお帰りになれます。
  • 鼻から喉への通り道が狭い方は内視鏡が通過しない場合があります。
  • 鼻出血、鼻痛が起こることがあります。
  • 細径内視鏡の性質上、画像がやや劣り、検査時間がやや長くなる場合があります。

口からの胃カメラ(経口内視鏡)

  • 内視鏡の太さが8.9mm従来のものより細径化されています。
  • やはり舌の上を通過しますので辛いと思う方がいらっしゃるかもしれません。
  • 検査が楽にスムーズに受けていただけるよう鎮静、鎮痛剤を使用させて頂きます。
  • 検査後はリカバリー(回復室)で麻酔が覚めるまでお休みいただきます。
  • ハイビジョン画質のため、早ければ5分弱で検査は終了します。

大腸内視鏡検査

肛門から大腸の始まりである盲腸まで内視鏡(胃内視鏡より長くやや太くなっております)を挿入、観察しながら内視鏡を引き抜いてきます。この過程でポリープや腫瘍など病変を確認した場合、組織の生検やポリープの切除を行います。大腸の長さや、形態に個人差があり検査時間やお腹のはり感など様々です。

苦痛なくリラックスした状態で検査を受けていただくように鎮静、鎮痛剤を使用させて頂き無理のないスムーズな挿入に努めます(スムーズな挿入のために体の位置を変えたり、おなかを押したりする場合がございます)。最新式ハイビジョン細径内視鏡を使用しております。検査後はリカバリー(回復室)で麻酔が覚めるまでお休みいただきます。状況により組織の生検やポリープがあった場合には、ポリープ切除やEMR(内視鏡的粘膜切除)を施行致します。

ポリープ切除後の注意事項がございます。

胃腸内科・内視鏡内科

肛門科(肛門外科)・外科

  • 鼠径ヘルニア
  • 各種検診メニュー
  • インフルエンザ予防接種